ぎおん皮膚科婦人科 スキンケアクリニック

ぎおん皮膚科婦人科 スキンケアクリニック|安佐南区の皮膚科婦人科

〒731-0138 広島市安佐南区祇園5丁目2番45-202
TEL:082-832-4112
ネット受付はこちら
トップページ»  保険対象外診療案内

保険対象外診療案内

当クリニックは、皮膚科、婦人科の保険診療を主に行っています。強引な勧誘、販売は行いませんのでご安心下さい。

シミ

お顔のシミに対して、当院ではマイルドな総合的な治療を行っています。
光治療(IPL)、エレクトロポレーション、内服、外用剤による総合的な加療を行います。
レーザーは今後の導入を予定していきます。
いずれの治療でも、一回で治るということはなく、繰り返しの治療が必要になります。また、日頃のケアも必要になります。

【シミの種類、ならびに治療内容】

  エレクトロポレー
ション
光治療 ビタミンCなどの内服 ハイドロキノン
などの外用剤
肝斑  
雀卵斑(そばかす)
老人性色素斑
医原性色素沈着  


脂漏性角化症:液体窒素での治療、炭酸ガスレーザー(当院にはありません)での治療など光治療では、一時的に濃くなる期間があります。
一回では効果がなく、継続的な治療が必要になってきます。
症状、治療範囲により診療期間が変わってきます。
顔面の写真をre-Beau2で撮影し、効果について確認しながら治療を行っていきます。

re-Beau2
肌状態を「見える化」する撮影装置です。
写真に撮ることで、肌状態を客観的に見ることができます。
UV写真では、目視ではわかりにくい薄いシミや隠れたシミ・脱色素斑・ポルフィリンなどを見ることができます。
治療経過を見ていくことができる装置です。

内服
ビタミンC、E、トランサミンの内服をします。
または、クリニック専売品のメロングリソディンプロもあります。

エレクトロポレーション(顔全体~首の前面)
セレーネメディカル社製 Mesona-J (日本製)

電気的にヒアルロン酸、美容液などの有効成分を皮膚へ直接導入することができます。針を使いません。
施術が出来ない場合:導入薬剤へアレルギーがある方。重度の肌荒れ。ペースメーカーなどの金属が体内にある。妊娠中、重症な疾患がある。糸を使ったたるみ治療をしている。等の場合には施術ができません。
施術中にはピアス、ネックレスなど金属類は外していただきます。

使用する主な美容成分の効果
■ビタミンC誘導体 ・・・ 美白効果・コラーゲン産生を高めるため、シワやシミに有効、
皮膚バリアー改善効果があり、赤ら顔改善、アトピー性皮膚炎にも有効
■トラネキサム酸  ・・・ 肝班に有効
■アルブチン    ・・・ 美白効果があり、色素沈着の改善に有効
■アルジルリン   ・・・ シワの改善に有効
■ヒアルロン酸   ・・・ 医療用でも使用されているヒアルロン酸原料を使用。保湿効果が高く、
皮膚を滑らかにし、しわの改善にも有効
■コエンザイムQ10 ・・・ 抗酸化効果を有し、シワ、たるみに有効。活性酸素の除去を促す。
■ビタミンB12   ・・・ 抗炎症効果を示し、赤ら顔、アトピー性皮膚炎に有効

最初の三ヶ月程度は半月に一回の施術間隔が理想的です。以降はメンテナンス(維持療法)に月
に一度行います。ダウンタイム(施術後の炎症反応など)はありません。施術後から化粧をしてい
ただけます。

副作用について
導入する成分でのアレルギーや電気刺激、施術時に使用するスティックによる摩擦での発疹、施
術部位の赤み、腫脹、かさつき等がまれに現れることがあります。
アレルギー既往の方は、事前にパッチテストを行っておりますので、お知らせください。

光治療
当院では、光治療はVIORA社製のフォトスキンセラピー1(IPL)を使用しています。
特殊な光を利用して肌のトラブル解決・若返り・活性化につなげます。

対応症状
広範囲のシミ、くすみ、そばかす
施術できない方:肝斑(かんぱん)は、かえって濃くなるため照射できません。受診時に、肝斑であるかの確認を行いますが、隠れ肝斑(かんぱん)がある場合もあります。その場合にはエレクトロポレーションなどでの対応をおすすめします。

・化粧ノリが悪い
・毛細血管拡張、赤ら顔である
・小じわがきになる

などの方が、麻酔 無し ただし、照射する時にレーザーほどではありませんが痛みがあります。
ダウンタイム 軽度の赤みが数日、シミの部分にはは細かいかさぶたが一週間程度はできます。
シャワー・入浴 当日から可能です。照射部分はこすらないように注意してください。
通院ペース 一ヶ月に一度。治療回数3~6回が目安です。
その後は、シミ以外の症状であれば、効果の維持目的に定期的な照射をおすすめします。3~6ヶ月ごとに照射が目安です。
シミについては、照射後に一時的に濃くなった場合には、薄くなってから次回の照射になります。

注意事項
施術後は、日焼けに注意してください。またこすったりしないように気をつけてください。保湿を心がけてください。
日焼けしている部位には、色素沈着が出やすいため施術できない場合があります。

副作用
色素沈着、かさぶた、水ぶくれ、やけど、毛のう炎、かゆみ、肥厚性瘢痕/ケロイド、局所ヘルペスウイルスへの感染、逆説的な発毛

 

光脱毛

当院では光治療はVIORA社製のフォトスキンセラピー(IPL)を使用しています。
エステの脱毛とは異なり、毛根を破壊する治療を行います。

注意点
毛髪が白くなっている部分には効果がありません。
脱毛する時に、副次的に肌質改善、色素沈着の軽減などの効果も出てきます。
ほくろにも反応するため、ほくろが薄くなる、消えてしまうことがあります。
光脱毛の特徴としては肌への負担や痛みが少ないのですが、痛みが無いわけではありません。
日焼けをしている部位には、色素沈着が出ることがあるため施術ができない場合があります。
値段表に載っている部位のみの照射ができます。
現在、全身脱毛は当院では対応できません。


治療回数
まずは、5、6回照射を目標に当てていきます。
治療間隔としては発毛サイクルに合わせた治療をしますので体の部位により照射の間隔が変わりま
す。
ほとんどの部分は4~6週間毎の照射です。
足や腕は8~10週間ごとに照射していきます。
女性の陰部脱毛や、男性の髭部分の減毛もできます。


副作用
色素沈着、かさぶた、水ぶくれ、やけど、毛のう炎、かゆみ、肥厚性瘢痕/ケロイド、局所ヘル
ペスウイルスへの感染、逆説的な発毛


対象年齢
第二次性徴(思春期)後に毛が増えますので、程々の年齢になってからの脱毛(減毛)がおすすめで
す。

 

高濃度ビタミンC点滴製剤

高濃度ビタミンC点滴をすることで、大量のビタミンCを直接体内に投与し、ビタミンCの血中濃度を一気に上げます。

働きとしては
肌トラブルの改善として
・シミ、肝斑の改善、美白効果
・シワ、たるみの改善
・肌の保湿力促進
・ニキビ、肌荒れ改善
・風邪予防や疲労回復


高濃度ビタミンC点滴を行えない方
末期の心不全、腎機能低下の方
G6PD欠損症の場合


副作用
稀ですが、下痢などの腹部症状、静脈痛などが出ることがあります。

点滴の流れ
初回点滴時は、必ずG6PDの検査を行います。二回目の点滴時に結果が出ています。初回は、G6PDの方でも副作用の出ない量の点滴を行います。
点滴時間は一時間程度です。
点滴が取りにくい方はお断りする場合があります。

月に一度の点滴を推奨します。

 

婦人科編

低用量ピル
避妊目的で主に使われますが、にきびやPMS(月経前症候群)に対する効果を認めます。
月経困難症に対しては、保険適応となりますのでご相談ください。
副作用としては、血栓症、気分不良、不正出血などがあります。
処方に際しては、問診をしっかりと行い、メリット・デメリットの説明を行います。
当クリニックでは、マーベロン、ファボワール、トリキュラー、アンジュを取り扱っております。


アフターピル
性交後72時間以内に内服を行うことで避妊効果を得られる方法です。
しかし、妊娠を100%阻止するものではありません。
当クリニックではレボノルゲストレル法、従来方法のヤッペ法の処方が可能です。
午後の皮膚科の外来診療時間内も処方可能です。


月経移動(調整)ピル
旅行や試験などの予定があり、生理がちょうど重なってしまう場合、中等量ホルモン剤を服用することにより、月経を移動させることが可能です。ホルモン剤のため、服用できない方もいます。

生理を避けたい日より生理を早める方法と遅らせる方法の2種類あります。
※生理を早める場合には、避けたい日より遅くても1周期前の生理が開始した時点での受診をお願いしています。
※生理を遅らせる場合は、生理予定開始の5~7日前からホルモン剤を開始しますので、それより前に受診してください。

副作用として、血栓症・吐き気などがあります。吐き気止めを追加で処方できます。(追加料金が必要です)


ブライダルチェック
超音波検査、子宮頸がん検診、血液検査(風疹抗体検査・クラミジア抗体検査・貧血検査)ができます。希望するものだけ、受けることも可能です。

女性性病検査
現時点でのクラミジア・淋病検査が可能性です。子宮頸管粘液での検査になりますので、婦人科診察が必要となります。
おりものによるトリコモナス原虫の検査ができます。


性病血液検査
血液検査で梅毒・B型肝炎・C型肝炎・HIV抗体検査が一つからできます。
男性も検査可能です。


子宮内避妊用具
低用量ピルの服用ができない方は子宮内に器具を入れることにより避妊効果を得られます。
妊娠・出産の経験がない方は、挿入後も痛みを伴うこともありお勧めはしていません。

 

その他

ボトックス注射、ヒアルロン注射、コラーゲン注射は行っていません。
ヒルドイドの美容目的の処方は行いません。
 

保険対象外診療料金表

保険対象外診療の料金表はこちら>>