ぎおん皮膚科婦人科 スキンケアクリニック

ぎおん皮膚科婦人科 スキンケアクリニック|安佐南区の皮膚科婦人科

〒731-0138 広島市安佐南区祇園5丁目2番45-202
TEL:082-832-4112
ネット受付はこちら
待ち時間確認はこちら

求人案内

クリニック案内ブログ

EPARK

トップページ»  ブログ記事一覧»  美容»  お肌の紫外線ダメージを防ぐケア

お肌の紫外線ダメージを防ぐケア

お肌の紫外線ダメージを防ぐケア

紫外線にはこんなにダメージがあります

年々紫外線量が増加しています。肌老化の原因の80%は紫外線といわれており、UVケアは日焼けを防ぐだけでなく、重要なエイジングケアといわれています。肌の、炎症や日焼けによるくすみ、黒ずみ、しみ、ソバカス、またはシワやたるみなどあらゆる肌トラブルの原因になるほか、疲労や健康にも影響があるなど人体に様々な影響を及ぼします。




|毎日の暮らしの中で始めるUVケア

毎日曇りの日でも必ずUVアイテムで日差しをカットすること、そして手足の隠れる衣類、帽子や日傘、サングラスなどで肌を守ることが重要です。また日差しをたっぷり浴びてしまったら十分な休養や睡眠で疲労回復を心がけましょう。


|日焼け止めについて

 日焼け止めのSPFやPAは日焼け止め選びにとても重要なキーワードです。

SPF→UV‐Bを防ぐ指標で「SPF1=20分」UV‐Bを防ぐことができることを示します。

PA→UV‐Aを防ぐ指標で「PA+、PA++、PA+++、PA++++」の4段階。+が多くなるほどUV‐Aの効果が高くなります。
 

※UVB:長波は短く、肌表面の表皮を傷つけます。屋外での日焼けの主な原因となるため「レジャー紫外線」とも呼ばれます。たくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因になります。

※UVA:地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めています。雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。UVAは波長が長く、肌奥の真皮まで侵入し、肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こします。




|日焼け止めの使い分け

・日常生活(散歩、買い物)→SPF10~20/PA+~++

・屋外での軽いスポーツやレジャー等→SPF10~30/PA++~+++

・炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツ等→SPF30~50/PA++~++++

・非常に紫外線の強い場所や紫外線に過敏な人→SPF50~50+/PA+++~++++



|当院で販売中の日焼け止め



・プラスリストアUVローション(SPF50+/PA++++) 3,080円



・プラスリストアUVミルク(SPF30/PA++) 3,080円


・セルニュープラスUVクリーム(SPF50+/PA++++) 3,300円 


・セルニュープラスUVクリームBBライト/ナチュラル(SPF50+/PA++++) 3,520円

※セルニューの日焼け止めはお取り寄せになります。



|当院で販売している紫外線予防製品




・プラスリストアTAホワイトクリームMD(薬用美白クリーム) 2,750円


・メロングリソディンプロ(美白サプリ、飲む日焼け軽減カプセル) 9,264円


・UVlock(飲む日焼け軽減カプセル) 30日分/7,020円 7日分/2,160円






 

 

 

 

 

2021-03-26 12:13:57

美容